2014年09月30日

ぼちぼち再開…

いやはや・・・過去の記事も私ですね。
間違っていたと反省する部分もありますが、それも自分、過去記事はそのままに。
本来のぐうたら記事に。

ぼちぼちやっていきます

muzu_muzu_oh at 07:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2012年03月30日

天木ブログです。相変わらずの日本政府&原発ムラ・・・

2012年03月29日

日本は原発事故の対応の間違いで崩壊するのではないかという危惧 

□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】
■□■
□■  天木直人のメールマガジン2012年3月29日第255号
■ 
 

 =========================================================

 日本は原発事故の対応の間違いで崩壊するのではないかという危惧  
                                                           
 ========================================================


 消費税増税を強行する野田首相はやがて行き詰まるだろう。

 それはもはや避けられない。

 しかし政権崩壊よりももっと深刻な事がある。

 それは原発事故の対応の遅れと間違いが、ひょっとしてこの国を
崩壊させるのではないかという危惧である。

 率直に言って私は放射能汚染についての危機意識は希薄である。

 今度の福島原発事故をきっかけに私は放射能の危険性を知り、人間性
とは両立しない核物質を利用する核兵器や原発の撤廃をこれまで以上に
強く唱えるようになった。

 それでもなお核物質に対する私の危機意識は希薄だ。

 目に見えないからだ。

 痛くもかゆくもないからだ。

 日常生活にはほかにも急いでしなくてはならないことがあるからだ。

 それでいいのか。

 そういって人に勧められて一冊の本を読んだ。

 それは米国の原子力技術者であるアーニー・ガンダーセンという人
の書いた「福島第一原発 真相と展望」(集英社新書)という本である。

 今売れているらしい。

 彼は原発事故が起きて間もないころ、限られた日本から伝えられる
情報にもとづいて、もはや福島第一原発の核燃料の7-8割はメルト
ダウンしているとCNNでコメントし、危機を煽ると非難された人物
であるという。

 しかし、米国のスリーマイル事故の経験から発せられた彼の言葉は、
その後の日本政府の対応のまずさと、それがもたらす日本の危機状況を
見事に言い当てている。

 その本を読んだ後にあらためて日本の現状を考えてみた。

 政府の事故収束宣言にもかかわらず次々と明らかにされる再爆発の
危険性、放射線物質の垂れ流し、核汚染瓦礫の全国への拡散、原発事故
現場で働く労働者の過酷な労働条件の放置、内部被ばくの危険・・・

 いずれもガンダーセン氏がその著で指摘している通りだ。

 そして私の手元にある3月13日の東京新聞、鎌田慧の「本音のコラ
ム」の記事のである。

 これがこのメルマガの趣旨である。

 「東北の鬼」という見出しのその記事の中に気にかかった個所があった
ので切り取っておいたのだが、ガンダーセン氏の本を読んであらためて
その深刻性に気づいた。

 彼は書いていた。

 ・・・3月11日(の一周年記念の日)・・・郡山市の野球場で「原発
いらない!」集会が開かれた・・・「鎮魂の日」にすべきだ、という意見
もあったが、犠牲者が津波の死者だけならまだしも、原発事故によって、
すでに福島の子供たちに甲状腺に、しこりなどが現れはじめたのだから、
鎮魂だけに押し込めることはできまい。取り返しのつかないことになった
親子の心痛を思えば激しい怒りを感じさせられる・・・

 もの凄い深刻な事をさりげなく書いている。

 鎌田氏の言葉だ。私はそれを信じる。

 子供たちに異常がで始めているというのだ。

 それでも大手メディアはまったく騒がない。

 政府は何もなかったかのように無視し続ける。

 この国の政府とメディアは国民を見捨てているかのようだ。

 国民を見捨てるような国に未来はない。

                              了



muzu_muzu_oh at 05:18|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年03月24日

世界の金融機関の大物が続々辞任・・・いい兆候かな?

今日も転載のみですが・・・ちょっと前の飯山ブログ

2012/03/19(月) 世界経済予測 (3)

今後の世界経済は、鷲の予測では次のようになる。
すなわち…、
間もなく世界の株式市場は“狂乱バブル”になり、株価は大暴騰する。
この株価大暴騰も、わずか3ヶ月程度で終わり、株価は一転、大暴落!
そして世界経済は恐慌状態になり、金融資本主義はツブれてしまう。
その後、世界は、戦争と殺戮の時代に突入していく…。

日本は、天皇陛下が国民の健康を大変に心配されるも、政府と東電は
賠償回避のため国民を被曝に晒し、メディアは真実を一切報道せず
現実を徹底的に隠蔽しまくる。
だから…、
「ああ、この国は原子力災害で国民を平気で殺す国だな
と覚悟して、サバイバルに徹する生活のスタイルをつくっていくべきだ。

サバイバルとは、政府や他人に一切頼らず、余分なモノは何も買わず、
ヒト様がどうなろうと余計な心配はせず、自分と家族のことだけを考え、
生き抜いていく生き方のことだ。コレに徹してほしい!

さて、世界経済。
いま、世界の金融界は、前代未聞のとんでもない異常事態が進行中だ。
その未曾有の異常事態とは、中央銀行総裁や金融トップが続々と辞任!
続々も続々、その数を聞いて驚くなかれ!
世界の金融機関の大物辞任劇は、なんと! 358人に達したという。
それも、名目上の”辞任”で、米国のガイトナー財務長官のように、逮捕
され、拘束された事例も多数にのぼる!というのだ。

ようするに、世界の金融資本主義を支えてきた大物・要人・悪者の大半
が消えてしまったというワケ。

その「名簿」を下に載せるが、ここまで多数の中央銀行総裁や金融関係
の大物が辞任を発表するというのは尋常なことではない。
つまり…、
すでに世界の金融資本主義はツブれ始まっている!
と考えて対処すべき事態になっている、と。
これは、とんでもなく大変な異常事態である。

しかし、さほど心配しなくていい。
庶民の生活は、さほど変わらないから…、
『放射能ゼロ空間』で、世界の大勢を睨みながら豆乳ヨーグルトを食って
生き延びることだけを考えていればEー!


世界の金融機関の大物が続々辞任!
・ 世界銀行ゼーリック会長が辞任
・ ドイツのクリスチャン・ラフ大統領が辞職
・ ルーマニア首相と内閣が総辞職
・ 4人の聖職者がバチカン銀行業務スキャンダルで告発
・ 韓国為替銀行総裁が辞職
・ クウェート中央銀行総裁が辞任
・ ニカラグア中央銀行総裁が辞任
・ ケニア中央銀行総裁が辞任
・ イラン銀行のトップが辞任
・ スイス中央銀行のトップが辞任
・ ギリシャ銀行のトップはギリシャを去る
・ ニュージーランド準備銀行総裁が辞任
・ ロシア銀行の規制当局のヘッドが辞職
・ オーストラリア&ニュージーランド銀行グループのトップが辞任
・ イギリス:上級の個人銀行家が辞職します(クーツの私立銀行)
・ イギリス:サーンダソン・ハウス銀行の最高経営責任者が辞職
・ イギリス:ロイズ・ホールセールのトップが辞任
・ フランス:ソシエテ・ゼネラルの投資金融最高責任者が引退
・ スペイン:サンタンデル銀行のアメリカ最高責任者が辞任
・ スロベニア:最大の2つの銀行のCEOが引退
・ スイス:クレディ・スイスプライベート銀行のチーフアジアエコノミストが辞職
・ スイス:UBSの日本インベストメント・バンキング議長、松井泰樹が辞職
・ オーストラリア:ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、豪州部門のトップが辞任
・ 日本:野村ホールセール・バンキングのトップが辞任
・ アメリカ:ゴールドマン・サックスのロイド・ブランクファインの後任の準備
・ インド:Tamilnad商業銀行のトップが辞任
・ インド:Dhanlaxmi銀行の最高経営責任者が辞任
・ インド:Kotak Mahindra銀行のトップが辞任
・ インド:Beed地区銀行で多くの取締役が辞職
・ パキスタン:AJK銀行のトップが辞任
・ サウジアラビア:サウジHollandi銀行の経営責任の取締役が辞職
・ ガーナ:データバンクグループの経営幹部議長が辞任


muzu_muzu_oh at 07:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月23日

小沢さんのこと

 はっきり言ってマスコミ報道のある部分を信じてきた人間でした。
小泉内閣、「なにか変わるかな」とちょっと心躍った馬鹿でした。
でも・・・何か違って、変だと感じて、でも何が変だとはっきりしないまま、日々の生活を続けて。もちろん小沢さんを「黒い」人だとマスコミ報道鵜呑み部分も無きにしも非ず状態で。
 小沢民主党代表戦の時、失業中で時間があったのでじっくり演説を聴いて、「ん?違う」とあきらかに菅と役者が違うと、日本を真剣に考えてると思ってみると、報道・政治の動きが一変して見える現象。
 今の日本はやっぱり「お代官様」が続いていて、もちろんその後だてには戦後が終わらないアメリカがついていて・・・独立国家ではないのですかね。それにしてもそれに群がる奴らはもっと嫌です。利権に群がる人たちは元々責任とることなんてしないし。

とりとめないですけど・・・



小沢一郎の無罪判決からすべては始まる。政治が変わり、日本が変わる。


 小沢裁判の一連の公判が3月19日に結審し、後は4月26日の
判決を待つだけとなった。

 検察の不正、違法がここまで明らかになり、検察みずから間違い
を認めている以上、4月26日の判決は小沢無罪しかない。

 もし裁判所が有罪判決を下すようなら、それこそ国策捜査、国策
強制起訴、国策裁判をみずから認めるようなものだ。

 しかし、たとえ小沢一郎が無罪となっても、小沢事件をそれで
終わらせてはならない。

 私がそう言うのは、小沢一郎の党員資格停止の解除とか、小沢一郎
の政治復権の事ではない。

 それは政治の世界の話だ。

 私が言っているのは、我々国民生活の問題として、今度の小沢事件
の背後にあった権力犯罪が究明され、その犯罪に手を染めた者たちの
責任が問われなければならないということだ。

 小沢一郎はその最後の陳述で次のように述べた。

 「本件は、単に検察の私個人に対する国家権力の濫用ではない。
野党第一党の代表である私を強制捜査することで政権交代を阻止
しようとし、強制起訴することで新政権を挫折させようとした
政治性にその本質がある・・・検察・法務官僚による政治の壟断に
終止符を打ち、政党政治への国民の信頼を取り戻し、議会制民主
主義を機能させなければならない」

 この言葉の持つ意味は限りなく重い。

 この言葉を、小沢被告の自己弁護に過ぎないと一笑に付すのも
いいだろう。

 しかしこの言葉が小沢事件の本質を衝くものであれば日本は
終わりだということだ。

 だからこそ国民は小沢事件の真実を知らなければならない。

 知らされなければならない。

 国家権力の一部に過ぎない裁判所にはその判断は出来ない。

 それどころか最高裁事務総局という司法官僚が強制起訴の主犯者
であるという疑義が強まっている。

 小沢事件の真実を検証・解明できるのは強制調査権を持つ国会
議員であり、その国会議員の政治活動の場である国会だけだ。

 イラク戦争支持の検証がいまだなされていない事は残念で情け
ないことだがいまは許すことにしよう。

 福島原発事故の国会検証委員会はモタモタしているがいずれ
報告書が出されるだろう。

 しかし小沢事件こそ国会で調査・検証委員会を立ち上げて徹底
究明をしなければならない。

 これは小沢派対反小沢派といった矮小な問題ではない。

 心ある国会議員は小沢事件についての国会検証委員会を立ち上げて
真実を究明すべきだ。

 なぜ政治資金記載漏れという瑣末な事に、ここまで大騒ぎをする
ことになったのか。

 誰がそのシナリオを書いたのか。

 間違った検察報告書で誤誘導された検察審査会によって行なわれた
強制起訴は、誰が見ても無効であるのになぜ起訴取り下げにならなか
ったのか。

 最高裁事務総局が小沢事件に関与していたという疑惑はなんとして
でも明らかにされなければならない。

 そして何よりもメディアがここまで一致して司法・検察の不明に口を
閉ざし、小沢一郎一人を犯罪人扱いして世論を誘導したのか。

 メディアの責任者を国会に証人喚問してしゃべらせる必要がある。

 こころある国会議員よ。いまこそ国政調査権を発動し、あらゆる関係者
から事情聴取し、真実を語らせるのだ。

 小沢事件は4月26日の東京地裁の無罪判決で終わらせてはならない。

 真実の追及はその時から始まるのだ。

 国会検証・調査委員会を立ち上げて小沢事件の首謀者と共謀者を特定
し、正しく罰しなければならない。

 それをせずして小沢事件を終わらせてはならない。

 日本の再生はそこから始まる。





muzu_muzu_oh at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月21日

外務省大使館150へ・・・のからくり

NHKのニュースで玄葉大臣の「大使館を150に増やす」ってニュースやってましたね。
やっぱりね・・・。
天木ブログ3/18転載

大使館の数を増やすと公言した玄葉外相に消費税増税を語る資格はない

                                            

 消費税増税を主張する者でさえも、その前提として税金の無駄遣い
をなくすこと、つまり行財政改革は不可欠であると認めざるを得ない
だろう。

 野田首相もそれを「税の一体改革」と言って国民に公約している。

 ところがそれに公然と反対する動きが至るところで大手を振って
まかり通っている。

 またそのひとつが明らかになった。

 玄葉外相は17日の名古屋市での講演で、次のように語ったという。

 日本が国家承認している国は194カ国あるのに、大使館は134
カ国しかない。だからアフリカや中南米などの新興国を中心に約150
カ国に拡充する方針だ、と。

 トンデモない無駄遣いだ。

 私はアフリカの課長を長年担当して管轄地域の大使館の実情をすべて
知っているから自信を持って断言できる。

 私は在外公館を担当する部局にいて予算要求に携わってきたから明言
する。

 これは昔からある外務官僚の予算増、ポスト増の要求の常套手段だ。

 ただでさえ仕事をしていない大使館であるのに、アフリカなどの僻地
に存在する大使館はその仕事すらない。あってもやろうとしない。

 複数の国を兼任して必要時に館員を巡回させるだけで十分なのである。

 それにもかかわらず大使館を増やそうとすることは、何もしないで
給与を受け取る大使や館員を増やすだけなのだ。

 手のいいポストづくりである。

 このご時勢にそんなのんきな事を許されるのは外務省ぐらいのものだ。

 外交や外務省の実情を国民は知らされていないからだ。

 消費税増税議論の真っ只中でこんな発言をしゃべらされている玄葉と
いう政治家は、外務官僚の言いなである事を顔に画いているようなものだ。

 こんな官僚のあやつり人形のような閣僚を放置する野田政権が消費税
増税を強行するなどとはもってのほかである。



muzu_muzu_oh at 06:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月02日

相変わらずの転載ですが・・・天木ブログ

予算の使い方を国民が決めるようにすれば日本は再生する 

                                    
 
 財務省は1月30日に突然発表した。消費税を10%に引き上げ
ても国債残高は増え続けると。

 その同じ日に厚生労働省の下部機関である国立社会保障・人口問題
研究所が人口推計を公表した。50年後には超高齢者社会になると。

 この二つの発表は偶然だろうか。

 消費税増税やむなしという思いを国民にの頭に叩き込む情報操作
ではないか。

 次のように国民に迫っているのではないか。

 消費税増税の是非論を論じている場合ではない。財源がないのだ。
増税しないと高齢者の面倒は見られない。若者の負担は耐えられなく
なる。それでいいのか、と。

 野田民主党政権の「税と社会保障の一体改革」に対する官僚側の
強力な援護射撃なのである。

 いいだろう。

 ならば発想を根本的に変えるのだ。

 高齢者に人間らしく生きる権利を与える事と、F35やミサイル
防衛システムを購入する事とどちらが重要か。

 若い世代の負担軽減と、政治家や官僚を税金で養っていく事と、
どちらが重要か。 

 年金制度を維持していく事と、天下りの巣窟である独立行政法人
を存続させる事とどちらが重要か。

 答えはおのずと明らかであろう。

 財源が無いのなら無いでいい。

 財源が無ければあらゆる政策を根本的に見直せばいいのだ。

 あの軍事大国である米国でさえ、強制的に国防予算を削減した。

 安全保障政策に支障を来たしても予算が無ければ削減せざる。

 「これでは国防省は頭にピストルを打たれる様なものだ」(パネッタ国防
長官)と言いながらも、財政赤字だからこれを認めざるを得ないのだ。

 米国でさえ議会が国防予算を強制削減する。

 なぜ日本にそれができない。

 財源を浮かせるためにはムダを無くすという。

 これ以上ムダを無くせないから増税だという。

 そんな事を言っているから赤字が増え続けるのだ。

 赤字が膨れるから、少子高齢化で社会保障費が膨らむから、
国債を増発し、それでダメだから増税だという。

 それが当たり前のように言われる。

 とんでもない考え違いだ。

 増税されても痛くも痒くもないと考える金持ちは間違いなくこの
日本に存在する。

 政治のことは何もわからない。関心がない。そんなおめでたい
国民は間違いなくこの国にいる。

 そういう連中がこの国を悪くしている。

 しかし増税されるぐらいなら政府や官僚など要らない、と本気で
考える国民も多いはずだ。

 そういう声に予算を決めさせてみろ。

 国民にすべての政策についてその必要性の有無を決めさせろ。

 もっと上品な言い方をすれば予算編成を国民に任せるのだ。

 主要な政策の是非について国民投票させるとか、地方分権を徹底
させるとかやり方はいくらでもある。

 要するにその気があるかないかだ。

 政治家や官僚は自分の特権がなくなるからもちろん反対する。

 だから政治家や官僚は国民の敵だというのだ。

 これ以上増税を断行すれば、政治家や官僚は要らないという声が
本気になって起きるだろう。

 中東ではそれが起きた。

 米国でさえそれが起き始めている。

 日本にそれが起きないはずはない。

 そういう時が来る時こそ日本が再生できる時である。

 日本の再生はその時しかない。

 今のように政治が政治家たちの利権争いに終始しているようでは
いつまでたっても日本は救われない。
                           了



muzu_muzu_oh at 07:14|PermalinkComments(1)TrackBack(0)日々のこと 

2012年01月05日

明けましておめでとうございます

ゆる~いB級グルメ?C級グルメだな・・・ブログに戻る前に。

経団連企業は消費税を一円たりとも支払っていないのにも拘わらず莫大な消費税の戻し税を受け取っているという矛盾・・・だのに消費税増税に大賛成っすか???
古い記事ですが・・・
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/12/post_8a0e.html



muzu_muzu_oh at 23:50|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年10月23日

こんなのもね。

だいぶ前の記事だけど・・・被災3県に支援経費を請求 22都県が44億円

こんなんでいいの?
変すぎる!


官僚の水槽で泳ぐ野田どじょう

高橋洋一氏のツイッターへの書き込みで知って発売前からアマゾンに予約を入れていた「財務省が隠す650兆円の国民資産」が届きましたので読みました。まさに財務官僚の生簀か水槽で飼われているどじょうだという思いを強くしました。

野田どじょうは松下政経塾の一期生、その松下氏は国家無税論者で日本を税金のいらない国にしようという理想を掲げてきた人だ。その薫陶を受けてきたはずの人間が国難ともいえる時期に財務省のいいなりに率先して増税路線を牽引しているのは許せない。松下政経塾でいったい何を学んできたというのだろうか。

著者の高橋洋一氏は大蔵省(財務省)OBで内情に詳しい。国民には知らされていない日本の財政事情を一民間人としての立場から詳しく説明されているので、経済に疎い方など誰にでも理解できるだろうし、この際日本経済について勉強して増税やむなしなどと政府に騙されないようにしなくてはいけない。本文は是非本を取り寄せて読んでいただくことにして、帯やらカバーに書かれていることだけでもここに載せておくことにする。

     増税は不要!!今すぐ使える300兆円を震災地と日本経済のために

一般国民が憂慮するように、たしかに日本国の借金は1000兆円に迫ろうとしている。しかし、その資産も膨大、なんと650兆円もあるのだ。この数字はアメリカの150兆円の4倍にもなる巨額なもの。日本国の資産は世界一、まさに金メダル級なのである。それを国民の目から隠し、自分たちだけで自由に使いたい・・・それが財務省、そして日本の裏支配者たちの願望なのである。

今すぐ使える金融資産・300兆円

○特殊法人・独立行政法人への貸付金=155兆円

○政府所有の有価証券=92兆円

○特殊法人・独立行政法人への出資金=58兆円

○政府所有の現金・預金=19兆円


これだけではないよ、かねてから私が主張しているように、日銀にポンと出させればすむことだ。国債の日銀引き受けは禁じ手のようにいわれるが、毎年やっていること。今年の枠だけでも18兆円はすぐ出せる。何故今年だけ渋るのか、それは復興に名を借りて増税したい財務省の意向を汲んでいるからだ。9兆円だけで復興できるわけがない。それを賄う金がないから国民には増税だといいながら、韓国へは5兆円も気前よく支援の約束をして帰ってきた。国民を馬鹿にするにもほどがある。

TPPの問題も辺野古移設の問題も拙速すぎる。オバマからAPECまでに答えを出すように言われたようにNHKは報道していたがオバマが言ったわけじゃないだろう。キャンベルになんて脅かされたんだから知らないが、あれからずっと脅えているように見える。目が宙を泳いでいるよ。それぐらいは分かっていて民主党の代表に立候補したんだろ、裏の支配者を知らないとは言わせないぞ。アメリカにはやります、やります、すぐやりますと言いながらいつまでもグズグズしてればいいんだよ。今にアメリカは自分から潰れていく。




muzu_muzu_oh at 00:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2011年10月22日

久々の更新ながら・・・笑

皆様、ご心配かけておりますが、なんのその!苦労はしておりませぬ。
元気に呑んでおります!ただ・・・ちぃっと不精になっておるもので。


んで、またしてもめんどくさがりのワタクシは、人様の記事貼り付け。
だって、知って欲しいんだもん。笑


株式日記と経済展望


東北の被災者の救出を放置して、韓国に5兆4000億円もくれてやる
今の野田総理は間違いなく、日本国民より韓国救済を優先しています。


2011年10月21日 金曜日

国民よ怒れ!アメリカ様命(いのち)の野田民主党政権、震災復興より韓国救済を優先するとは・・・絶句! 10月20日 新ベンチャー革命

1.野田総理、震災復興より韓国救済を露骨に優先

 アンチ民主党のネットウヨは怒り心頭です。野田総理が2011年10月18日、緊急訪韓し、韓国との間の通貨スワップの枠を130億ドルから700億ドルに大幅拡大することを約束したからです。

 3.11大震災の復興をそっちのけで、反日の韓国に5兆4000億円(700億ドル)もくれてやるとは・・・。やっぱり民主党は親半島の反日政党の正体を暴露した、とんでもない奴らだ!とネットウヨは怒り狂っています。

 ネットウヨが怒るのも無理ありません、今回の野田総理の行動は露骨そのものです、ネットウヨならずとも、われら一般国民も怒り心頭です。

 今の日本国総理は間違いなく、日本国民より韓国救済を優先しています。

2.日韓首脳の行動に恥も外聞もなくなった

 韓国イ・ミョンバク大統領はこの16日、米国でオバマ大統領と会談、米韓FTAの締結を約束しています。そして帰国したらすぐ、野田総理が急遽訪韓、通貨スワップ大幅拡大を約束したのです。

 この動きから、今の日韓首脳はロボットのように米国オバマ政権の言いなりに動いていることがミエミエです。


 上記のようにネットウヨは野田総理が韓国救済を約束したのは、民主党が親半島系政党だからだと思い込んでいます。その側面もゼロとは言いませんが、今回の場合、韓国救済のための通貨スワップ枠拡大は単に、米国の強い要求に負けて言いなりになっているにすぎないのです。

 米国シナリオでは、韓国とFTAを結び、米企業が韓国でビジネスし易くしようとしているわけです。韓国(弱いウォンを持つ、巨額ドル債務国家)が米製品を輸入して米ドルで払うのに、そのカネを日本(強い円を持つ、世界最大のドル債権保有国家)から借りようということです。

 周知のように、米国内経済は行き詰まっており、米国民の不満が高まっていますが、この難局を打開するには、米国製品の輸出を促進するのが手っ取り早いのです。そこで今、米国製品を買わせる相手(カモ)として、韓国と日本が浮上しています。両国とも米国の事実上の属国であり、米国極東部隊の謀略によって、今の日韓の指導者には米国の言いなりになる親米人物が選ばれているからです。

3.民主党野田政権の本性が国民に丸見えとなった

 現在の民主党野田政権は、2009年政権交代にて誕生した小沢民主党率いた鳩山政権とは、同じ民主党政権でありながら、まったく政治思想の異なる政権です。簡単に言うと、鳩山政権は入亜脱米思想を持っていましたが、野田政権は菅政権と同様に、対米従属政権です。この野田政権は、かつての自民党小泉政権と同類です。このような野田政権の本性(悪徳ペンタゴン性)を悪徳ペンタゴン・マスコミは国民に見せないよう、ひた隠しにしてきましたが、ここまで露骨に米国のロボットに成り下がっていると、ネット住人以外の一般国民にも野田政権の正体が“見える化”してきました。

 本ブログでは、野田政権は、戦後最悪だった小泉政権に次ぐ筋金入りの悪徳ペンタゴン政権とみなしてきましたが、その実態がいよいよ一般国民にも見え始めています。(後略)


(私のコメント)

野田政権が東日本大震災で被災した自国民の救済を、財源がないからとぐずぐずしているのに、韓国の救済には5兆4000億円もの金を出すとは驚くべきことです。昨日のNHKの9時からのニュースで30分にわたるインタビューがなされていましたが、これに関する質問はなされなかった。5兆4000億円も出すカネがあるのならなぜすぐに第三次復興予算に回さないのでしょうか?
 
民主党はもともと親韓国政党であり、韓国の反日デモに参加する民主党議員までいるほどだ。菅前総理も北朝鮮と関係のある団体に6500万円も寄付するくらいだから、朝鮮半島利権に民主党は深く関わっているのでしょう。それは自民党でも同じなのですが、対韓国外交に関しては不透明な事が多すぎる。竹島問題も従軍慰安婦問題も教科書問題にしても外交関係を優先して、十分な反論をしてこなかった。
 
新ベンチャー革命で書かれているように、米韓FTAと今回の野田総理による通貨スワップを5倍に拡大したこととは関係があるのだろう。米韓FTAによって韓国に物を売り込んでも韓国に外貨がなければ支払うことが出来なくなりますが、アメリカ政府は日本から金を借りて支払えと言うことなのだろう。野田政権は菅政権や小泉政権以上の従米政権であることがはっきりとしましたが、小泉政権のようにアメリカの言いなりにならなければ長期政権となることが出来ない。アメリカに逆らえば小渕総理や橋本総理のように不可解な死を遂げることになる。
 
韓国の大統領も、アメリカに逆らったノムヒョン大統領は不可解な自殺を遂げましたが、朴政権の時も朴大統領は暗殺されましたが、アメリカに逆らうと不可解な死を遂げることが多いようだ。日本の総理がは一年ごとに代わるのも、暗殺される前に辞任して命拾いをしている。中川一郎や中川昭一親子が不可解な死を遂げたのもこれと同じ理由なのかもしれない。
 
現在一番の暗殺のターゲットになっているのが小沢一郎ですが、経世会出身であり田中角栄や竹下登が失脚したのを見ているから用心深く振舞っていたのでしょうが、同じく東京地検にやられてしまった。日本の諜報機関や防諜機関があれば日本の政治家を守ることも可能なのでしょうが、日本の政治家は丸裸であり、アメリカや中国やロシアや韓国・北朝鮮のスパイの巣窟になっている。だから日本の総理は脅されれば彼らの言うなりになるしかない。



「経世会」と「清和会」 2010年1月6日 JANJAN

(田中派)田中角栄 逮捕 ロッキード事件(←東京地検特捜部)
(経世会)竹下登  失脚 リクルート事件(←東京地検特捜部)
(経世会)金丸信失脚逮捕 佐川急便献金・脱税(←東京地検特捜部&国税) 
(経世会)中村喜四郎 逮捕   ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)
(経世会)小渕恵三 (急死)(←ミステリー)
(経世会)鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)
(経世会)橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件(←東京地検特捜部)
(経世会)小沢一郎  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)二階俊博  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)

(清和会)岸信介    安泰
(清和会) 佐藤栄作   安泰 *
(清和会)福田赳夫   安泰
(中曽根派)中曽根康弘 安泰 *
(清和会)森 喜朗    安泰
(清和会)三塚 博   安泰
(清和会)塩川正十郎  安泰
(清和会)小泉純一郎  安泰 *
(民間) 竹中平蔵   安泰 *
(清和会)尾身幸次   安泰
(清和会) 安部晋太郎  安泰 *
(清和会) 福田康夫   安泰 *
(麻生派) 麻生太郎 安泰 *
(清和会) 中川秀直 安泰 *
(清和会) 町村 信孝 安泰 *



(私のコメント)

このように日本は独立国の体をなしていないのですが、マスコミも東京地検もアメリカの犬であり、在日米軍基地という実力部隊が日本に駐留している限り、日本は独自外交を取ることができない。それを一番良く知っているのが韓国政府であり、日本を動かすにはアメリカ政府に頼めばいいことを知っている。アメリカ政府はその見返りに韓国政府を自在に動かすことが出来る。2002年のサッカーのワールドカップもアメリカの圧力で共催になってしまった。
 
日本としては死んだフリをしながらアメリカが衰退してアジアから引き揚げてくれる事を待つしかない。2012年に発生する金融恐慌によってアメリカのドルや米国債は紙切れになりアメリカはソ連のように崩壊するだろう。中国は米国債を大量に売り払っていますが、やがて米中は共倒れするだろう。日本はそれを待って真の独立を勝ち取ることが出来るのであり、米中の軍事経済の対立がアメリカの滅亡を早めるだろう。
 



中国:米国債を大量売却 毎日新聞 2011年10月19日

【北京・共同】米国債が初めて格下げされた8月、中国が365億ドル(約2兆8000億円)の米国債を売り越していたと19日付の中国各紙が伝えた。格下げでドル資産保有に不安が広がり、大量に売却したとみられる。売り越しは3月以来5カ月ぶり。米財務省の資料によると、中国の8月末の米国債保有高は1兆1370億ドルに減ったが、世界最大の保有国としての立場は維持した。一方、中国は8月、日本国債1789億円を買い越した。






muzu_muzu_oh at 08:50|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2011年09月20日

丸千葉@台東区日本堤

1ヶ月間のプチ介護終了後は、大好きな金すしと丸千葉行脚ですね。
相方も頑張ってくれました。
ありがとうね~。
(↑この後、またまた問題発生でしばらく田舎で過ごすのですが・・・)

丸千葉

11042305

蕗の季節でしたね。

11042304

韮お浸し、つい食べちゃってます。

11042303

鯵たたき

11042302

初鰹

11042301

これがあるとつい頼んじゃいますね。れんそうと牡蠣のソテー。

11042306

昔なつかしい炒飯の味♪

疲れたときは丸千葉のこの賑やかさの中で過ごすのがいいですね。


muzu_muzu_oh at 07:22|PermalinkComments(4)TrackBack(0)居酒屋・BAR