2011年05月12日

点心爛漫@西浅草

もう時系列順不同です。
ワタシの性格と一緒ですね~(いーかげん!)

合羽橋近くのこちらのお店、前から気にはなっていたのですがいつもお腹いっぱい時に通るもので入る機会を逸しておりました。

点心爛漫

11032001

このラフな造りのお店にそそられるんですな~

11032002

カウンター3~4席

11032003

11032004

小籠包大好き~♪ 350円

11032005

水餃子もいいね♪ 380円
もちろん酎ハイレモン2杯ね


愛想のいいお姉さんと厨房の男性の二人でやっています。
夫婦ではありません。
なんでも青山の中華屋さん「元祖紙やき ホルモサ」の点心部門だそうで。
工場だけじゃもったいないっのでついでにお店もってことで、昨年12月オープンしたんだそうな。
このお姉さんが出色!
「家族からは航空チケット送るから帰って来いと言われますが帰りません。仕事を投げ出すのはいやだし、なにより日本に居たいから。日本は素晴らしい国です。日本人は素晴らしいです。今回の震災での行動を見ていてそう思いました。こんな日本人の国ですから絶対復興できます!」と言っていました。感激!
でも・・・その後の放射能海への無断垂れ流しとか、国際的にも未成熟な日本の対応見ていてどう思ったんでしょうねぇ。


とっても感じのいいお店です。
ごちそうさまでした~っ!



↓本当にそうだよね~記事(こういう官僚もいるんだよね。応援します!)
飄(つむじ風)

2011-05-11

東電のために原発事故のツケは国民に・・はおかしい!!

正論が浮上するチャンス!!
クリーンエネルギーが何故日の目を見ないか?
電力利権がそれを阻止しているのは明らか!!
それが、崩れるチャンス到来だ!!


 誰しも思うだろう。もし、自家発電に勤しんでも、その電気を直接使用することは出来ない。全て、電力会社に売電しなくてはならない。結局、買電でしか使用が出来ない仕組みである。


 唯一許されるのは、蓄電することだけである。そうすると自家使用出来る。結局、電気というものは強固な独占産業なのだ。その上に乗って、電力会社は強固な安定産業に定着してきた。



 何と驚くことは、その利益は、総経費に利益率を乗せるという安逸なものだ。決して、利益を損なわない殿様商法でこれまで来た。そこに利権が群がる。



 この体制が崩壊する。崩壊させなくてはならない。



 どんなにすぐれた自然エネルギー発電でも、これが続く以上、日の目を見ることはない。『水から電気』といっても、結局は潰されてしまう。風力もそう、太陽エネルギーも同じ憂き目になる。



 独占を損なうことになるからだ。



 東電を解体すれば、新たなエネルギー産業が生まれる。東電を解体すると言うことは、電気事業連合会を解体すると言うことだ。国のエネルギー政策の大転換である。これを言うと命を賭す覚悟が必要だが、そう言う時に来ている。


東電のために原発事故のツケは国民に・・はおかしい 現役官僚が提言1
http://youtu.be/YA2LaX8eGDA


東電のために原発事故のツケは国民に・・はおかしい 現役官僚が提言2
http://youtu.be/smi_ySOpZ4c


 

↓そしてこんな記事も 飯山一郎のLittleHP

2011/05/10(火) 翔べ! 田中真紀子
自称マダム寿司こと政界一の尻軽女・小池百合子が総理になる可能性は絶対に
なかったのだが,田中真紀子には多少の可能性が残っていて,理由は未曽有の
原発事故を国家が総力をあげてやるのではなくて,原発事故の専門企業でもない
民間企業の東電が日雇い労働者を雇ってやっているのは収拾のメドが立つどころ
か再度の爆発でもあれば国家社会の崩壊にもなりかねないなか,なんと中国政府
の中枢に話が通っていて,何でも三峡ダムを築造した土木と水泥(コンクリート)と
原子炉事故の専門部隊が東電福島を数十万トンの鉛で包み液体窒素で冷却しな
がら水泥(セメント)を流し込むという水泥鉛棺桶作戦を,もちろん米露仏の協力を
得ながら進めれば5年強で収拾の運びとなり,この作戦を進めるには田中真紀子
が総理となり副総理の小沢一郎と共に腹をくくれば中国政府も日本救国!の大義
に馳せ参じる旨の説明会が次週の大安吉日に小沢私邸で執り行なわれる情報が
昨晩から永田町を漂流しているが,「大安吉日81名」 だけは確定事項だという.
なんか変なブログになってきたかしら???
へへっ!


muzu_muzu_oh at 10:09│Comments(0)TrackBack(1)中華料理 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 点心爛漫@浅草 直球勝負の點心舗  [ journaux 出挙 ]   2011年05月23日 14:15
地図や詳細はこちらをクリック 浅草・吉原の達人の処で拝見し こりゃ勝手知ったる場所と 行く機会を窺っていましたが やっと訪問!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字