2011年06月10日

丸千葉@台東区日本堤、・・・で、やっぱりこんなこと

記事にしてないけど、丸千葉行ってます。
金ちゃん、大林同様ご近所いい店シリーズです。
いつもありがとうございます!
で、たまには記事に。
でも2月末。

11022801

玉子焼き~

11022802

周りがカリッふわっと中が程よい半熟~
うまうまです♪

11022806

鳥鍋1人前~

11022803

横から

11022804

11022805

雑炊で〆~♪


相変わらずの菅・・・天木ブログ
↓転載開始


 

 ================================================

  国民を舐めているんじゃないのか
  
 ================================================

 いくら私が権力者を批判するといっても、その身内まで批判する
ことは礼儀に失するとわきまえてきた。

 しかし今回ばかりは我慢ならなかった。

 6月9日の毎日新聞は一面のほぼ半分を使って菅首相夫人の大きな
笑顔写真とともに一大インタビュー記事を特集していた。

 その内容はここで紹介するに値するものは何もない。

 そこにあるのは権力を弄ぶ総理夫人の虚勢と放言のオンパレードだ。

 ビールやワインをグイグイ飲んで小沢一郎をこき下ろし、自分たちは
ゲリラだから辞める前になにか面白いことをいっちょうやってみようか
、などと言う。

 このインタビューが行なわれたのは6月6日の夜だ。首相公邸を訪れ
た毎日新聞の記者に語った言葉が次のような言葉だったという。

 「引っ越し?ええ、決まれば、いつでも。だって、この社宅、家賃は
すべてちゃんとそろってたし、洋服と調味料、広辞苑くらいしか持って
こなかったもの。すぐ(東京都内の)吉祥寺の自宅に帰れますよ」

 洋服はともかく調味料は本当か。外食ばかりしてたのじゃなかったのか、
と混ぜ返したくもなるが、それはともかく、この伸子夫人の捨てセリフは
先日菅首相が仲間に語ったとされる次の言葉を彷彿させる。

 総理を一日でもながくやりたいなどという気は毛頭ない。むしろ(辞め
て)清々するぐらいだ・・・

 清々するとは何と言う言い草だろう。引っ越しなどいつでもやってやる、
というこの言い草とまったく同じだ。

 国民の暮らしと安全のために、税金をもらって首相の権限を預からせて
貰っているという認識の微塵も感じさせない言葉だ。

 こんなインタビュー記事を掲載する毎日新聞ともども、額に汗して真面
目に働く善良な国民を舐めた言葉である。

                           了


かつてこんな総理大臣とファーストレディいたかしら?
やっぱり器じゃないんでしょうねぇ



muzu_muzu_oh at 20:54│Comments(2)TrackBack(0)居酒屋・BAR 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by みやっち   2011年06月11日 12:35
ちょいと、驚き!

似たもの夫婦とは、よく言ったモンだね。

最低過ぎて、言葉がないよ。

それはそうと、最近全然、丸千葉も金寿司も行ってないな。

よろしく言っといてね。まだ生きてますって(笑)
2. Posted by moo   2011年06月11日 21:50
みやっち、そうでしょう~!
ホントに似たもの夫婦。
こういった輩が蔓延っている事自体、日本の政治も地に落ちたね~。
でもまだ諦めないけど…←しつこいっ

ハイハイ…言っておきますよ~笑

コメントする

名前
URL
 
  絵文字