2011年06月11日

うち居酒屋110301、そうだよね~記事


11030101

お刺身出来合い~烏賊と蛸

11030102

長芋素揚げ、塩で

11030105

鯖フライ、大根おろしとポン酢

11030103

大根皮のキンピラ

11030104

冷蔵庫で死にかけてたキャベツ、炒めてオイスターソース味


昨日のそうだよな~記事・ZAKZAKから
↓転載開始

「ポスト菅」に国家犯罪者とは…筋の悪い“喜劇”だ!

★ジャーナリスト・上杉隆が斬る

2011.06.10

 民主党内で「ポスト菅」の有力候補が浮上している。枝野幸男官房長官や仙谷由人官房副長官らは野田佳彦財務相を推すとされ、中間派は小沢鋭仁前環境相か鹿野道彦農水相を、小沢一郎元代表や鳩山由紀夫前首相のグループが独自候補を出す可能性もある。東日本大震災や福島第1原発事故で失政・悪政を重ねた菅直人首相を放逐して、新しい看板を掛け替えようという企てだ。ジャーナリストの上杉隆氏が、政界茶番劇を斬り捨てた。

 この1年間、菅政権は何をしてきたのか。発足当初、筆者(上杉)は「菅政権は稀にみる『情報暗黒内閣』になり、国民を裏切り続けることになるだろう」と予測した。それは、最も残念な形で的中した。

 原発事故での情報隠しは、日本政府に対する国民の信頼を失墜させた。さらに、4月の放射能汚染水の海洋放出と、それに絡む情報隠蔽は、世界中からの非難の的になっている。菅首相は日本が「海洋犯罪国家」になる道を選択したのだ。

 菅首相は就任当初、「有言実行内閣」を宣言したが、結局、言い訳のオンパレードだった。女房役の枝野官房長官ですら「この1年で飛躍的に大きな成果を上げたかといわれれば、確かにそうなっていない部分が多いのは間違いありません」と認めざるを得なかった。

 原発事故に際し、情報隠蔽を繰り返して、日本の国際的な信用を毀損した菅首相はもはや不要だ。1日でも長くその座に留まることは日本の国益を損ねる。信頼回復のために一刻も早く、自ら退くべきだろう。

 同じことは、菅首相を支えてきた共犯者たちにも言える。政治は結果責任である。残念ながら閣内で菅首相を支えてきた政治家たちはみな連帯責任が発生している。

 ところが、そうした「犯罪者」たちが集まって、同じ「犯罪者」たちの中から「ポスト菅」を選ぼうとしているという。何という、筋の悪い「喜劇」だろう。それは国家への反逆でもあるし、国民への最大の裏切りとなる。

 海洋汚染だけでも、今後、日本は莫大な国際賠償を背負わなくてはならない。その額は数十兆円から、場合によっては数百兆円単位になる、といくつかの国際機関からの指摘がなされている。さらに、国内の復興支援や原発事故住民への国家賠償も必要となる。

 菅首相と彼を支えた者たちは、将来、必ず断罪されるだろう。

 ■上杉隆(うえすぎ・たかし) 1968年福岡県生まれ。都留文科大学卒業。テレビ局、衆議院公設秘書、「ニューヨーク・タイムズ」東京支局取材記者などを経て、フリージャーナリストに。政治・メディア・ゴルフなどをテーマに活躍中。自由報道協会(仮)暫定代表。



muzu_muzu_oh at 13:00│Comments(2)TrackBack(0)うち居酒屋 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by queso   2011年06月12日 16:30
家呑み、美味しそうな肴が並んでいますね。
私も久々に蛸が食べたくなって今日は水蛸を買いました♪
これを塩とスダチ果汁をちょちょっと・・・
冷たいワインが待ってます(^^)。

この国の政治はどんどんどんどん駄目になって
行く気がします。
政治家もカリスマ性のある方が本当にいなくなりましたよね。
好き嫌いは別として、唯一今、カリスマ性があると
言えるのはトシをとりましたが石原都知事くらいなの
でしょうね。
2. Posted by moo   2011年06月13日 06:52
quesoさま、おはようございます。
水蛸、塩とスダチですかぁ~!
くぅぅぅ…お酒が進みそうな。

本当に~ぃ、同感です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字