2012年03月24日

世界の金融機関の大物が続々辞任・・・いい兆候かな?

今日も転載のみですが・・・ちょっと前の飯山ブログ

2012/03/19(月) 世界経済予測 (3)

今後の世界経済は、鷲の予測では次のようになる。
すなわち…、
間もなく世界の株式市場は“狂乱バブル”になり、株価は大暴騰する。
この株価大暴騰も、わずか3ヶ月程度で終わり、株価は一転、大暴落!
そして世界経済は恐慌状態になり、金融資本主義はツブれてしまう。
その後、世界は、戦争と殺戮の時代に突入していく…。

日本は、天皇陛下が国民の健康を大変に心配されるも、政府と東電は
賠償回避のため国民を被曝に晒し、メディアは真実を一切報道せず
現実を徹底的に隠蔽しまくる。
だから…、
「ああ、この国は原子力災害で国民を平気で殺す国だな
と覚悟して、サバイバルに徹する生活のスタイルをつくっていくべきだ。

サバイバルとは、政府や他人に一切頼らず、余分なモノは何も買わず、
ヒト様がどうなろうと余計な心配はせず、自分と家族のことだけを考え、
生き抜いていく生き方のことだ。コレに徹してほしい!

さて、世界経済。
いま、世界の金融界は、前代未聞のとんでもない異常事態が進行中だ。
その未曾有の異常事態とは、中央銀行総裁や金融トップが続々と辞任!
続々も続々、その数を聞いて驚くなかれ!
世界の金融機関の大物辞任劇は、なんと! 358人に達したという。
それも、名目上の”辞任”で、米国のガイトナー財務長官のように、逮捕
され、拘束された事例も多数にのぼる!というのだ。

ようするに、世界の金融資本主義を支えてきた大物・要人・悪者の大半
が消えてしまったというワケ。

その「名簿」を下に載せるが、ここまで多数の中央銀行総裁や金融関係
の大物が辞任を発表するというのは尋常なことではない。
つまり…、
すでに世界の金融資本主義はツブれ始まっている!
と考えて対処すべき事態になっている、と。
これは、とんでもなく大変な異常事態である。

しかし、さほど心配しなくていい。
庶民の生活は、さほど変わらないから…、
『放射能ゼロ空間』で、世界の大勢を睨みながら豆乳ヨーグルトを食って
生き延びることだけを考えていればEー!


世界の金融機関の大物が続々辞任!
・ 世界銀行ゼーリック会長が辞任
・ ドイツのクリスチャン・ラフ大統領が辞職
・ ルーマニア首相と内閣が総辞職
・ 4人の聖職者がバチカン銀行業務スキャンダルで告発
・ 韓国為替銀行総裁が辞職
・ クウェート中央銀行総裁が辞任
・ ニカラグア中央銀行総裁が辞任
・ ケニア中央銀行総裁が辞任
・ イラン銀行のトップが辞任
・ スイス中央銀行のトップが辞任
・ ギリシャ銀行のトップはギリシャを去る
・ ニュージーランド準備銀行総裁が辞任
・ ロシア銀行の規制当局のヘッドが辞職
・ オーストラリア&ニュージーランド銀行グループのトップが辞任
・ イギリス:上級の個人銀行家が辞職します(クーツの私立銀行)
・ イギリス:サーンダソン・ハウス銀行の最高経営責任者が辞職
・ イギリス:ロイズ・ホールセールのトップが辞任
・ フランス:ソシエテ・ゼネラルの投資金融最高責任者が引退
・ スペイン:サンタンデル銀行のアメリカ最高責任者が辞任
・ スロベニア:最大の2つの銀行のCEOが引退
・ スイス:クレディ・スイスプライベート銀行のチーフアジアエコノミストが辞職
・ スイス:UBSの日本インベストメント・バンキング議長、松井泰樹が辞職
・ オーストラリア:ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、豪州部門のトップが辞任
・ 日本:野村ホールセール・バンキングのトップが辞任
・ アメリカ:ゴールドマン・サックスのロイド・ブランクファインの後任の準備
・ インド:Tamilnad商業銀行のトップが辞任
・ インド:Dhanlaxmi銀行の最高経営責任者が辞任
・ インド:Kotak Mahindra銀行のトップが辞任
・ インド:Beed地区銀行で多くの取締役が辞職
・ パキスタン:AJK銀行のトップが辞任
・ サウジアラビア:サウジHollandi銀行の経営責任の取締役が辞職
・ ガーナ:データバンクグループの経営幹部議長が辞任


muzu_muzu_oh at 07:18│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字